時計の種類を知りたい

時計と一言で言ってもその種類は実に豊富であり、世界中に存在しているその種類の数は30種類以上に及ぶと言われています。どのように分けられているのかと言うと、簡単に言えばその構造や機能などであり、最も簡単に分けることができる種類としてはアナログとデジタルがあります。
それらの大きな分類からさらに詳しく分別することが可能となっていますが、ほかにも大きく分けることができる種類として腕時計・卓上・掛け時計などがあります。このようにどのようなスタイルで利用するかによっても分けることができ、そこにアナログとデジタルが分類され、そこからさらに分類されているというのが実際の種類分けの系譜と言えます。
そして構造としても機械仕掛けなのか、動力には何を使用しているのかなどの詳細が存在しており、中には太陽光パネルを利用して光エネルギーを動力源としているものも存在しています。また機能としては、時を刻むこと以外にも時間を測定することができるもの、アラーム機能など多彩な機能を搭載しているものもあります。そしてそれらの分類とはまた異なるジャンルとして、聴覚や視覚が機能していない障がい者向けのものも存在しており、音声や指で触れることで時間を伝えることができる機能を搭載しています。